FC2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

ハイサイ!!OKINAWAふれあいフェスタを開催しました

3月2日(土)は、鳥栖市でハイサイ!!OKINAWAふれあいフェスタを開催しました。

出演者・スタッフは、開店前の9時にフレスポ鳥栖に集合。
休憩室を確認し貴重品を預けた後、出演者はパートごとのリハーサル・着替えを、
スタッフは各係ごとに事前準備を行いながら、11時のフェスタ開幕に備えました。

そして、ついに11時。
司会(筑紫野教室Tさん)のフェスタ開幕宣言を合図に、大太鼓が鳴り響きました。
その後、三線の演奏に合わせて、琉球衣装の4名がゆっくりとステージに上がり、
舞踊「かぎやで風(かじゃでぃふう)節」を披露しました。

琉球舞踊

唄・三線は、講師と太宰府教室のTさん。
当初、舞踊の予定はなかったのですが、フェスタの3週間ほど前に突然決まり、
ならば唄・三線はCDよりも生がいいだろうということで、Tさんの協力のもと、
何とか当日に間に合わせることができました。
Tさん、短期間でしたが、練習をがんばってくれてありがとうございました。

幕開け舞踊の後は、鳴響(とぅゆむ)のステージ。
ステージ前半は唄・三線を、後半はエイサーを披露しました。
前半の15分は、講師と筑紫野教室Iさんで、安里屋ゆんた(早弾き)、芭蕉布、
涙そうそう等を演奏しました。

とぅゆむ1

後半の15分は、かたみ節、安里屋ゆんた、豊年音頭等の演奏に合わせて、
迫力あるエイサーを披露しました。

とぅゆむ2

エイサーの地謡(唄・三線)メンバーは、頼れる5名。
太宰府教室のSさんご夫妻、Eさん、Tさん、筑紫野教室のWさんです。

そして、今回のエイサーメンバーは、お馴染みのエイサーシンカのお二人のほか、
新しく、太宰府教室のYさん、鳥栖市の弘堂国際学園(日本語学校)の2年生3名が
加わり、6名でエイサーを披露しました。

とぅゆむ3

新人4名は全員エイサー初心者でしたが、1月から月2回エイサーの指導を受け、
今回ステージに立つことができました。
4名は、月2回の練習に加え、その時の様子をスマートフォンで撮影するなどして、
自主練習もしていたようです。
新人さんの衣装は、かりゆしショップさんから無料でお借りすることができました。
みな衣装がとても似合っていましたね。

良く似合ってる

鳴響のステージは11時と13時の2回行われ、そのうち13時のステージの後には
司会が新人さんにインタビューをしていました。

インタビュー

12時には沖縄方言カルタ大会。大人も子供も一緒にカルタを楽しみました。

カルタ

カルタの枚数が残り少なくなるにつれ、大人のみなさんもかなり本気モードに
なっていたようです。
優勝者2名にはオリオンビールジョッキを、参加者全員にオリオンビールグラスを
プレゼントしました。
みなさん、ご参加ありがとうございました。

ステージの合間には、三線体験、三板体験、琉球衣装体験等が行われました。

三線体験

三板体験

衣装体験

そのうち、三線体験の担当の皆さんには、体験要領の配布がギリギリになり、
体験リハーサルの時間がほとんど取れずにご迷惑をおかけしました。
ただ、当日は、担当の皆さんで協力しながら上手に進めていたようです。

14時30分は、今回の特別ゲスト、私の師匠でもある宮良康正民謡ステージ。
講師の私も一緒にステージに立ち、唄わせていただきました。
与那国小唄、島々清しゃ、ハイサイおじさん、童神、八重山乙女、豊年音頭、
やいま、とぅばらーま等、全部で何曲演奏したか思い出せません。

宮良康正ステージ

宮良師範は、私が今回企画したフェスタのことを知り、ご多忙にもかかわらず
時間を作って、わざわざ佐賀まで応援に来てくださいました。
師範はフェスタ当日の朝に沖縄県浦添市の自宅を出発、13時ころ会場に到着、
食事と着替えをすませた後、控室で約1時間の音合わせをしてステージに。
休憩する時間もなかったはずですが、そのようなことは全く感じられないほど
よく唄い、よく話し、予定の時間よりも長くステージに立ってくださいました。
私もその横で一緒に唄わせてもらい、楽しい時間を過ごすことができました。
宮良師範、本当にありがとうございました。

宮良康正民謡ステージの後は、乱舞かりゆしエイサー隊によるステージ。
大人から子供まで元気にエイサーを披露しました。

かりゆしエイサー隊

最後は、鳴響のエイサーメンバーによるフィナーレ。
豊年音頭の演奏に合わせて、会場でカチャーシーを踊りました。

16時にフェスタは無事に終了。
フェスタにお越しいただいたみなさん、本当にありがとうございました。

今回のフェスタを開催するにあたり、
ご協賛くださったダスキン鳥栖様、弘堂国際学園様、鳥栖旅行センター様、
フレスポ鳥栖テナント会をはじめとする関係者の皆様、
皆様のご支援・ご協力により、無事にフェスタを開催することができました。
本当にありがとうございました。

今回、スタッフとして13名が快くお手伝いを引き受けてくださいました。
この13名はみな当三線教室の生徒さんで、フェスタ会場内外で様々な仕事(受付、
各種体験、物産展、師範送迎・案内、撮影、司会等)をこなしてくださいました。
みなさんが責任を持ってそれぞれの仕事をしてくださったおかげで、当日は
何の混乱もなく、無事に終了することができたのだと思います。
みなさんのご協力に心から感謝します。ありがとうございました。

物産コーナー

受付係

また、鳥栖古野教室のKさん、Nさん、Nさんと会社の後輩さんには、前日の夜に
会場設営をしてくださいました。
みなご自分の仕事を終えてお疲れのところ、会場に駆けつけ、19時から夜遅くまで
力仕事をしてくださり、とても感謝しています。
みなさんのご協力のおかげで、当日スムーズにフェスタを開催することができました。
本当にありがとうございました。

フレスポ鳥栖内のかりゆしショップさん、昨年の夏、私が突然かりゆしショップに現れ、
「こんな企画をやってみたい」と相談を持ち掛けた時、真剣に話を聞いてくださり、
本当に感謝しています。
その後、お忙しいなか何度も打ち合わせを行い、企画書提出の段取り、フレスポ鳥栖
テナント会との調整、チラシ印刷、協賛会社探し、出演者・スタッフの昼食の準備等、
様々な仕事を行っていただきました。
このフェスタは、かりゆしショップさんのご尽力がなければ実現できませんでした。
本当にありがとうございました。

さらに、かりゆしショップさんの関係者のWさんには、琉球衣装体験の担当のほか、
幕開けの「かぎやで風節」も4名で優雅に踊っていただきました。
ありがとうございました。

考えてみると、私の勝手な思いつきに、なんと多くの方々に協力してもらったことか。
私のわがままに巻き込まれた皆さん、本当に申し訳ございませんでした。
と同時に、私は、こんなに多くの素晴らしい皆さんに支えられて、自分のやりたいこと
(唄・三線)を続けることができているので、とても幸せ者だと思います。

長くなりましたが、フェスタの報告はこれで終了。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

全員写真
フェスタ終了後、出演者・スタッフが揃って写真撮影。

当ブログの更新をメールでお知らせしています。
メニュー欄の「読者登録フォーム」にメールアドレスを入力し
「読者登録する」ボタンを押すと、PINGOO!からメールが届きます。
そのメールにしたがって本登録をお済ませください。
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント