FC2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

新年弾き初め会(沖縄)に参加しました

昨日は、那覇市で那覇八重山古典民謡保存会の新年弾き初め会があり、
当三線教室からは保存会会員の生徒さん5名が参加しました。

生徒さんたちは沖縄旅行を兼ねていましたので、金・土曜には現地入り。
私は、当日朝8時台の飛行機で会場(那覇市内のホテル)に向かいました。
会場には、那覇八重山古典民謡保存会会員、八重山古典民謡筝曲保存会、
各舞踊研究所等、合計130名以上が出席していました。

席は円卓で、各研究所に分かれて座ります。
私たちの研究所は、師匠である宮良康正研究所の円卓のすぐ近くの位置で、
I研究所のお二人とご一緒させていただきました。
Iさんはとても素晴らしい方で、初対面の私たちにも気軽に話しかけてくださり、
おかげで私も生徒さんも楽しく和やかに時間を過ごすことができました。

11時30分、新年弾き初め会が始まりました。
幕開けは、舞踊に合わせて「鷲ぬ鳥節」の斉唱。
その後、「目出度節」、「鶴亀節」、「月ぬかいしゃー節」等12曲を斉唱しました。

弾き初め会の終盤は、恒例の福引大会がありました。
景品は、泡盛から日用品まで様々。
参加した生徒さんの中には日用品が当たった人もいれば、無農薬野菜(レタス)が
当たった人も。
同じテーブルのIさん(I研究所教師)は、なんと特賞の泡盛が当たったのですが、
それを席に持ち帰るとすぐに、私たち研究所にプレゼントしてくださいました。
Iさん、本当にありがとうございました。
その代わりに、私たちの景品(日用品とレタス)をIさんにお渡ししました。

新年弾き初め会は、14時頃に終了しました。
その後、生徒さんと一緒に、保存会の着物の採寸や近日福岡店をオープンする
三線店の挨拶などに行き、現地で解散しました。

私はそのまま空港に向かい、18時発の飛行機に乗り、21時過ぎに自宅に到着。
玄関ではにゃあ課長が待ち構えていて、とても怒られました。

今回参加してくださった生徒のみなさん、お疲れさまでした。
保存会の行事に初めて参加した方がほとんどでしたが、いかがでしたか。
九州に住んでいるので、いつも那覇の行事に参加するわけにはいきませんが、
また機会があれば、旅行を兼ねて参加してみてくださいね。

さて、いただいた特賞はこちら。
持って帰るのに苦労しました。
当三線教室の行事の時に開けたいと思いますので、お楽しみに。

P1141966_convert_20190114123401.jpg

P1141967_convert_20190114123325.jpg

当ブログの更新をメールでお知らせしています。
メニュー欄の「読者登録フォーム」にメールアドレスを入力し
「読者登録する」ボタンを押すと、PINGOO!からメールが届きます。
そのメールにしたがって本登録をお済ませください。
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント