FC2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

鳥栖市民文化祭に出演しました

昨日の鳥栖市民文化祭には、当三線教室のうち大野城・太宰府・筑紫野・
鳥栖古野・佐賀の各教室から合計16名の生徒さんが出演しました。

出演者は13時40分に集合し、控室で自主練習と合同練習を行い、本番へ。
私たちの演奏開始は15時30分の予定でしたが、少し早めに出番が来ました。
緞帳が下がっている間に、三線経験1年以上の生徒さん7名が舞台に着席し、
残り9名の生徒さんは舞台袖で待機しました。

1曲目「与那国小唄」の前奏が始まると緞帳が上がり、2曲目の「島々清しゃ」
まで7名で演奏しました。

その後、講師の挨拶の間に残り9名が舞台に着席。
全員で「故郷」、「十九の春」、「安里屋ゆんた」を演奏しました。

客席の中には、私達の演奏に合わせて唄を口ずさむ方や、手拍子や指笛で
演奏を盛り上げてくださる方などいて、和やかな雰囲気で演奏することが
できました。

全5曲の演奏は無事に終了。
予定していた20分の演奏時間は、あっという間に過ぎ去りましたね。

演奏終了後、ロビーに移動して集合写真を撮影しました。
撮影担当のYさん、休日にもかかわらず、会場に来て撮影してくださり、
ありがとうございました。

その後、JR鳥栖駅前の焼鳥屋に移動し、懇親会が行われたようです。
(講師は、夜から太宰府教室(経験者クラス)の稽古が入っていたので、
残念ながら参加できませんでした。みなさん、ごめんなさい。)

出演者のみなさん、お疲れさまでした。
特に、今回が初舞台の9名は、とても緊張したのではないでしょうか。
出演した生徒さんはみな、それぞれ収穫も課題もあったと思いますので、
よりレベルアップできるように今後も稽古を続けていきましょう。

写真は、Yさんの整理が終わり次第ブログに掲載したいと思います。
どうぞお楽しみに。

石垣とブーゲンビリア

当ブログの更新をメールでお知らせしています。
メニュー欄の「読者登録フォーム」にメールアドレスを入力し
「読者登録する」ボタンを押すと、PINGOO!からメールが届きます。
そのメールにしたがって本登録をお済ませください。
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント