FC2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

みんなのSHOWに出演しました

昨日は、鳥栖市の大型ショッピングセンターで月に一度開催されている
「みんなのSHOW」に、鳴響(とぅゆむ)が出演しました。
鳴響とは、笑isa sinca(エイサーシンカ)と当三線教室の地謡メンバーの
ユニット。現在、エイサー2名、地謡7名で練習しています。

昨日は、朝9時30分に鳥栖北まちづくり推進センターに集合。
11時00分まで地謡メンバーの直前練習を行いました。

朝練

その後、会場の大型ショッピングセンターに車で移動。
控室で、調弦・着替え・エイサーとの最終打合せなどを行いました。

そして13時00分、いよいよ本番です。
土日ということもあり、会場には多くのお客様がいらっしゃいました。
中には当三線教室の生徒さんも。
見に来てくださったみなさん、どうもありがとうございました。

私たちのステージは約30分。
まずは、講師と筑紫野教室のIさんによる唄・三線から。
「涙そうそう」、「童神」など全4曲を演奏しました。

第一部

続いて、笑isa sincaによるエイサーです。
地謡は、太宰府教室のSさん、Tさん、筑紫野教室のWさん。
TさんとWさんは、地謡で出演するのは初めてでしたが、「かたみ節」、
「繁昌節」など全5曲をしっかりと演奏していました。

第二部

最後は、「豊年音頭」の演奏に合わせて、お客様とカチャーシーを
踊り、すべての演奏が無事に終わりました。

ステージ終了後、ショッピングセンター内の「かりゆしショップ」
(沖縄物産店)のオーナーから、たくさんの差し入れを頂きました。
本当にありがとうございました。

着替え・片付けを済ませ、ネパールレストランで昼食会を行いました。

打ち上げ

出演者のみなさん、お疲れさまでした。
特にエイサーの地謡を担当した3名は、本当によくがんばりました。
エイサーの地謡に講師は加わらず、生徒さんに任せることにしましたが、
3名はその期待にしっかり応えてくれました。
本当に頼もしく思います。

次回の鳴響のステージは、いよいよ来月。
詳細は、近日中にブログでお知らせする予定です。
次回は、今回参加できなかった太宰府教室のSさん、Eさんも出演します。
ますますパワーアップする鳴響をどうぞお楽しみに。

集合写真

当ブログの更新をメールでお知らせしています。
メニュー欄の「読者登録フォーム」にメールアドレスを入力し
「読者登録する」ボタンを押すと、PINGOO!からメールが届きます。
そのメールにしたがって本登録をお済ませください。


皆様からのコメントをお待ちしています。
よろしければ、ひと押しずつお願いいたします。
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント