FC2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

八重山の島歌コンサートを行いました

昨日は、太宰府市文化ふれあい館で「八重山の島歌コンサート」を行いました。

朝から雨が降り続く中、出演者は11時30分過ぎに会場に到着。
控室に荷物を置いた後、ステージ・客席のセッティングや音響機器の準備などを
出演者全員で行いました。
その後、ステージでリハーサルをし、開演30分前に終了。
しかし、その頃になっても、客席のほとんどは空席でした。
この悪天候だし、あまりお客様はいらっしゃらないかもしれない、と少しだけ
覚悟はしていました。
しかし、その後、出演者が控室で衣装に着替えをしている間に、徐々に客席が
埋まっていき、席が足りなくなったため椅子を追加、また追加、という状態に。
開演時には、100名以上のお客様でフロアはいっぱいになっていました。

開演5分前に調弦の最終確認を済ませ、14時ちょうどに開演しました。
司会進行は、筑紫野教室(経験者クラス)のTさん。
笑顔で、とても聞き取りやすく美しい声でコンサートを進めてくださいました。

客席後方では、ケーブルステーション福岡さんの取材も。

ケーブルテレビ

まず初めに、全員で「十九の春」と「新安里屋ゆんた」を斉唱しました。
私たちの演奏に合わせて、お客様はとても元気な声で歌ってくださいました。
出演者は最初、大勢のお客様に緊張していたようですが、お客様の元気な歌声で、
次第に落ち着いてきたようです。

次に、司会のTさんと講師で、クイズを混ぜながら三線にまつわる話をしました。
お客様はみな、どの問題も一生懸命考えながらクイズに参加してくださいました。
4問のクイズで、全問正解者はなんと2名。
かなり難しい問題もあったのですが、全問正解とは素晴らしいです。
3問正解した方のうち講師とのじゃんけんに勝ち残った1名も加えて、3名のお客様に
出演者からささやかなプレゼントを贈呈しました。

次の演奏曲は「島々清しゃ」。
男性の唄に合わせて、女性がハヤシを入れました。

島々清しゃ

「与那国小唄」は、全員で立演奏をしました。
お客様には、出演者と一緒に元気にハヤシを入れて頂きました。

与那国

そして、後半はいよいよ八重山古典民謡の演奏に入ります。

まずは、お客様に八重山独特の中舌音の説明をした後、一緒に発声練習。
お客様はみな、かなり上手に発音することができました。
その後、講師と太宰府教室のTさんで「でんさ節」を演奏しました。

次は、「ゆんたしょうら」、「安里屋ゆんた」を手拍子と唄のみで披露し、
続けて「こいなゆんた」を三線の演奏に合わせて唄いました。
「安里屋ゆんた」では、一緒にハヤシを入れてくださるお客様も。

ゆんた

そして、「六調節」。
女性の唄・三線に合わせて、全員でモーヤー(手踊り)を踊りました。
当初、輪になって踊る予定でしたが、大勢のお客様で輪を作るスペースがなく、
急きょお席でのモーヤーとなりましたが、みな楽しんでくださったようです。

モーヤー1

モーヤー2

最後は「弥勒節」と「やらよう節」を全員で斉唱し、約70分間のコンサートは
盛況のうちに終了しました。

終演後は、出口でお客様をお見送り。
悪天候の中、コンサートにお越しいただき、本当にありがとうございました。

見送り

その後は、出演者全員で後片付け。
出演者と一緒に片付けを手伝ってくださった当三線教室の関係者のみなさん、
どうもありがとうございました。

その間、講師はケーブルステーション福岡さんからの取材を受けていました。
慣れない取材に、先ほどのステージ演奏の何倍も緊張してしまい、なかなかうまく
話すことができませんでした。
ケーブルステーション福岡さん、私のつたない発言の編集をよろしくお願いします。

打ち上げは、近くのカフェでシフォンケーキセットをいただきました。
とても素敵なカフェで、とても美味しいケーキセットだったのですが、またもや
カメラを車に置き忘れ、写真を撮り損ねてしまいました。

出演者の皆さん、本当にお疲れさまでした。
このコンサートを最後まで無事に終了させることができたのは、何より、
出演者一人一人が各自の役割をしっかりと果たしてくださったからです。
私一人の力ではとてもこのコンサートを行うことはできませんでした。
また、短い準備期間ではありましたが、前日まで稽古を頑張ってくれました。
本当にありがとうございました。

また、司会進行のTさん、急なお願いにもかかわらず、快く引き受けてくださり、
本番では本当に素晴らしい司会進行をしてくださいました。
Tさんの司会進行は、コンサートにたくさんの彩を添えてくださいました。
本当にありがとうございました。

また、雨の中、駐車場の整理・案内をしてくださった太宰府教室(初心者クラス)の
Rさんと大野城教室(経験者クラス)のОさんは、開演時間が過ぎても、そのまま
整理・案内を続けてくださいました。
お二人のおかげで、お客様が無事に会場に到着することができました。
本当にありがとうございました。

また、ケーブルステーション福岡さん、お忙しい中、コンサートの取材に来てくださり、
ありがとうございました。

コンサートのその他の写真は、撮影担当のОさんが取りまとめ次第、後日
ブログに掲載する予定ですので、お楽しみに。

集合写真

皆様からのコメントをお待ちしています。
よろしければ、ひと押しずつお願いいたします。
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント