fc2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

志免町いきいきサロンでの演奏会

今日は、糟屋郡志免町のいきいきサロンで演奏会を行いました。

いきいきサロンとは、各地の町内会(公民館)などで行われている活動で、
地域住民相互の交流や高齢者の孤独感解消・閉じこもり防止を目的として、
茶話会やレクリエーション、介護予防の体操などが行われています。
今回は、大野城教室(経験者クラス)のIさんが、お住いの町内会でサロンの
企画等をなさっていることから、演奏会をさせていただくことになりました。

演奏は、太宰府教室のSさん、筑紫野教室のIさんと私の3名。
ここ最近の強い寒波の影響で気温が低かったものの、積雪や路面凍結もなく、
予定どおり午前9時30分に会場のコミュニティセンターに集合しました。
会場に到着後、舞台で軽くリハーサルを済ませ、控室で衣装に着替えながら
本番を待ちました。

本番は予定されていた時間より少し早く始まりました。
客席には、20名ほどの方がいらっしゃいました。

まずは「故郷」と「十九の春」から。
私たちの唄・三線に合わせて、お客様はとても大きな声で唄ってくださり、
大変うれしく思いました。



3曲目は「安里屋ゆんた」。
せっかくですので、大野城教室のIさんにも一部出演してもらおうと考え、
飛び入り参加をお願いしたところ、突然の依頼に驚かれた様子でしたが、
お客様の暖かい拍手のもと一緒に演奏してくださいました。
Iさん、ありがとうございました。

P1251628_convert_20180125161621.jpg

4曲目「与那国小唄」は、演奏前にお客様とハヤシの練習をした後に演奏を
始めてみたところ、お客様はタイミングよく元気にハヤシを入れてくださり、
私たちも楽しく演奏することができました。

休憩の後は、「涙そうそう」。
2番の歌詞を削って演奏する予定でしたが、お客様の唄がとても上手なので、
予定を変更して全部演奏し、唄っていただきました。

6曲目は「月ぬかいしゃー節」。
古典民謡を(唄のみ)披露した後に現代語版を演奏し、聞き比べてもらいました。

そして、最後は「六調節」。
筑紫野教室のIさんを中心に、全員で楽しくカチャーシーを踊りました。

演奏会終了後は、昼食会に加わり、お客様と楽しい時間を過ごしました。
町内の女性陣がお雑煮を作ってくださり、大変おいしかったです。

太宰府教室のSさん、筑紫野教室のIさん、今日はお疲れさまでした。
お二人のおかげで、無事に演奏会を終えることができました。

大野城教室のIさんには、今回の演奏会のお話をいただき、みなさんと
本当に楽しいひとときを過ごせたことを大変感謝しています。
また、サロン自体の準備でお忙しい中、演奏曲の歌詞カードの準備も
してくださり、本当にありがとうございました。

当ブログの更新をメールでお知らせしています。
メニュー欄の「読者登録フォーム」にメールアドレスを入力し
「読者登録する」ボタンを押すと、PINGOO!からメールが届きます。
そのメールにしたがって本登録をお済ませください。


皆様からのコメントをお待ちしています。
よろしければ、ひと押しずつお願いいたします。
スポンサーサイト



Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント