fc2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

太宰府(日曜)教室

昨日の太宰府(日曜)教室。

当三線教室ホームページからお問い合わせメールをくださった方で、
9月開講予定の太宰府教室(初心者クラス)に入会検討中のYさんが
見学・体験にいらっしゃいました。

せっかくいらしたので、Yさんに先輩の唄・三線を見てもらおうと、
急きょ、Sさん(男性)の席の隣に移動して見学していただきました。
Sさんは、Yさんに、工工四(楽譜)について説明をしたり、練習曲の
工工四を貸すなどして、快く見学のお手伝いをしてくださいました。
Sさん、どうもありがとうございました。
その後、Yさんには10分程度三線を体験していただいた後、早速、
入会の回答をいただきました。
Yさん、9月から一緒に楽しく練習していきましょう。

体験・見学の後は、これまで練習した八重山古典民謡の復習を
行いました。

中位(左手の位置を下にずらして弾く)の「こいなゆんた」については、
徐々に正しい位置で弾けるようになってきました。
「こいな」の2か所の節回しも、もう少しできれいに唄えそうです。

標準語版「月ぬかいしゃー節」は、通常のものとは違う弾き方ですので、
それぞれの歌詞を唄う時に、どの箇所を弾くのかをしっかり確認して
おきましょう。

また、「こいなゆんた」、「月ぬかいしゃー節」のどちらもそうですが、
歌詞をなるべく覚えてしっかり唄えるようになりましょう。

太宰府教室のみなさん、お疲れさまでした。
次回もしっかりと練習していきましょう。

てぃんさぐ

皆様からのコメントをお待ちしています。
よろしければ、ひと押しずつお願いいたします。
スポンサーサイト



Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント