fc2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

筑紫野教室

今日の筑紫野教室。

経験者クラスは、前回から始めた「目出度節」を中心に練習しました。
1番の歌詞では、ほぼきれいな節回しで唄えるようになってきましたので、
2番以降の歌詞でもきれいに唄えるよう、引き続き練習していきましょう。

また、「故郷」、「十九の春」、「安里屋ゆんた」などの曲については、
工工四(楽譜)を見なくてもほぼ正確に演奏することができていますので、
今後は、工工四を見ないで演奏できる曲を徐々に増やしていきましょう。

いよいよ来月の稽古から、調弦の変更を行います。
基本の音が半音上がりますが、がんばって唄っていきましょう。

初心者クラスは、稽古前に調子笛を使って各自で調弦を行っています。
生徒さんはそれぞれ、音の高低を認識しにくい苦手な弦があるようですが、
回を重ねるごとに、徐々に音感がついてきています。
今後も、引き続き調弦の練習を行っていきましょう。

練習曲「十九の春」は完成間近、「安里屋ゆんた」は唄・三線に加えて
ハヤシも入れながら演奏できるようになってきましたので、来月からは
5つ目の練習曲「芭蕉布」の練習を始めたいと思います。
「芭蕉布」では、装飾音(特に打ち音)のタイミングに気をつけながら、
最後までゆったりとしたテンポで演奏できるように練習しましょう。

筑紫野教室のみなさん、今回もお疲れさまでした。
次回も楽しく練習していきましょう。

芭蕉

皆様からのコメントをお待ちしています。
よろしければ、ひと押しずつお願いいたします。
スポンサーサイト



Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント