FC2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

真山節

今回は「真山節」を紹介します。

真山節(まやまぶし)

1 真山村加那ぶざ 
  (まやまむらかなぶざ) 
  出水ぬまびぎりゃー 
  (いでぃみずぃぬまびぎりゃー) 
  妻やねーぬ加那ぶざ 
  (とぅずぃやねーぬかなぶざ) 
  まんかやねーぬまびぎりゃー
  マンカーヤゥヌ ハイトーヤ

2 妻やねーぬでうら知んな 
  (とぅずぃやねーぬでうらしんな) 
  まんかやねーぬでうら知んな 
  (まんかやねーぬでうらしんな) 
  すいちゃーまばまんか 
  があさーまば女童
  (があさーまばみやらび) 
  マンカーヤゥヌ ハイトーヤ

3 すいちゃーまん孕ません 
  (すいちゃーまんぱらません) 
  があさーまん包ません 
  (があさーまんつつません) 
  すいちゃ子や男な子 
  (すいちゃふぁやびふなふぁ) 
  があさー子や女な子
  (があさーふぁやみどぅなふぁ) 
  マンカーヤゥヌ ハイトーヤ

歌意

1 真山村の加那おじさん
  出水のお兄さん
  妻はいない加那おじさん
  女房はいないお兄さん

2 妻はいないとあなたは思っているのか
  女房はいないとあなたは思っているのか
  スイチャーマは私の女房だよ
  ガアサーマは私の恋女だよ

3 スイチャーマも孕ませてあるよ
  ガアサーマも身ごもらせてあるよ
  スイチャーマの子は男の子に違いない
  ガアサーマの子はきっと女の子だよ


「真山節」の発祥の地は、西表島の真山村。

独り者だと噂されていた男には、実は妻も恋女もいて、どちらも妊娠している
という何とも面白い歌詞です。
歌は続き、まだ生まれていない二人の子供につける名前も決めていて(4番)、
子供たちへの財産分与を決めている(5,6番)どころか、その子守り二人への
財産分与まで用意している(7,8番)という念の入れようです。

それにしても、「加那ぶざ」といい、山崎節の「あぶじゃーま」といい、
一体どんな男性だったのかと気になって仕方ないのは私だけでしょうか。

西表島

皆様からのコメントをお待ちしています。
よろしければ、ひと押しずつお願いいたします。

スポンサーサイト

Comment

ユカイな唄ですね!!
もしかしてすべておじさんの妄想だったりして…

2017.06.28(Wed) 22:54       ぼん さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント