FC2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

私はどら猫

昨日の午後、税務署に確定申告をすませて家に帰る途中、
近所の公園に我が家の猫(にゃあ)がいるのが見えました。
(注:にゃあは、半外猫・半家猫です。)
車を自宅に止めた後、にゃあを迎えに公園に行ったところ、
ちょうど公園で遊んでいた子供の一人がにゃあを見つけて
「あ、どら猫だー」と叫びました。

にゃあと家に戻った後、考えました。
そもそも「どら猫」とはどのような猫のことを言うのでしょうか。
また、公園の子供は、どんな意味でにゃあのことを「どら猫」と
叫んだのでしょうか。

「どら猫」とは、
ある辞書では、
 (飼い主がいなかったりなどして)人の家の台所などをねらい、
 盗み食いするずうずうしい猫。
別の辞書では、
 さまよい歩いて、よく盗み食いなどをする猫。のらねこ。
とありました。
いずれにしても、あまりいい意味ではないようです。

公園にいた時、にゃあは何も食べていませんでしたので、子供は、
盗み食いをするという意味で「どら猫」と叫んだわけではないようです。
おそらく、にゃあを野良猫だと思ったか、または、にゃあの大きな体格が
ふてぶてしく見えてそう叫んだのでしょうね。

今度子供たちに会ったら、
「どら猫」ではなく「にゃあ」と呼んであげてね、
とお願いしてみようと思います。

にゃあベッド

皆様からのコメントをお待ちしています。
よろしければ、ひと押しずつお願いいたします。
スポンサーサイト

Comment

むむっ!?

にゃあ様の気品と風格がわからぬとは、おバカ…いやいや、あまり
お利口でないお子さんですね
(−_−#)
まったくもって失礼な!
にゃあさん首輪をされてないので
野良猫と区別がつかなかったのでしょうかね…
でもにゃあさんは首輪は
いやがられるでしょうね。

2017.02.17(Fri) 15:48       ぼんの母 さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント