FC2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

筑紫野教室

午後の筑紫野教室。

経験者クラスは、まずはこれまでに練習した曲をひととおり復習した後、
今日から八重山民謡「鷲ぬ鳥節」の練習を始めました。
八重山民謡は「弥勒世果報」、「でんさ節」に続いて3曲目だからでしょうか、
生徒のみなさんは、時折出てくる八重山独特の中舌音に戸惑いながらも、
思ったよりも早く大まかなメロディを掴んでいたようでした。
次回は、さらに節回しにも気をつけながら唄っていきたいと思います。

初心者クラスは、最初に、調弦・勘所の押さえ方・バチの動かし方から。
まだ稽古を始めて数回ですが、どの生徒さんも音の高低をきちんと理解し、
それぞれの弦をほぼ正確に合わせることができるようになりました。
糸巻きの締め方については、もう少しで全員クリアできそうです。
ただ、右手首の動かし方(はねる、振りが足りない)は修正が必要ですので、
今後も特に気をつけて練習していきましょう。
次回は、「故郷」、「ゆりかごの歌」を引き続き練習しながら、さらに
「十九の春」も始めていきたいと思います。

そして、今日はとても嬉しいことがありました。

筑紫野教室の経験者クラスには、現在、体調不良で数か月お休みしている
生徒さんが1名いらっしゃいます。

体調不良その他の理由でお休みしている当教室の生徒さんに対しては、
その生徒さんにプレッシャーを与えることになるといけませんので、
基本的に、私からの連絡は控えさせていただいています。

そんな中、同じ経験者クラスの生徒さんたちが話し合って、先日、
その生徒さんにメール等で励ましの連絡をしてくださったそうです。
今日、その生徒さんの近況報告も含めて教えていただきました。
経験者クラスの生徒のみなさん、ありがとうございます。
お休み中の生徒さん、早くお元気になって、また経験者クラスで
一緒に仲良く稽古していきましょうね。

三線

皆様からのコメントをお待ちしています。
よろしければ、ひと押しずつお願いいたします。
スポンサーサイト

Comment

ばすぬとぅるぃ節の中舌音、難しいけれどがんばります(^ω^)

先生のお手本CDをよ〜くきいて、
毎日耳を鍛えます‼

2016.09.26(Mon) 20:34       f〜m〜 さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント