FC2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

各教室の名前

今さらですが、私の三線教室(自治体等の主催講座を除く)の各教室には、
沖縄の花の名前をつけています。

太宰府教室「てぃんさぐ」
鳳仙花の花のことです。

てぃんさぐ

沖縄に「てぃんさぐの花」という有名な教訓歌があります。
今から20年以上前、私が三線を買って初めて習ったのもこの歌でした。
また、宮良師匠が経営していた民謡スナックの名前も「てぃんさぐ」でした。

小郡・筑紫野教室「芭蕉」
芭蕉の花は、先日の芭蕉布のブログで紹介しましたね。

大野城教室「ゆうな」
この花は、知らない方が多いかもしれませんね。
実は、沖縄県民も知らない人が結構いるようです。

ゆうなの花

とてもきれいな花です。
ハイビスカスに少し似ていますね。

鳥栖蔵上教室「月桃」
沖縄ではサンニンと言います。

月桃

旧暦の12月8日(ムーチー(鬼餅)の日)には、初孫と初めてムーチーの日を迎える家が、
ムーチー(餅粉に水を加えて平たくしたものを月桃の葉で包み蒸したもの)を作って、
近所や知り合いなど多くの人に配ってまわる「初ムーチー」という風習があります。
また、この時期はなぜか寒くなるので、ムーチービーサー(鬼餅寒)という方言もあります。

新しい教室ができましたら、また花の名前と説明をしたいと思います。

今回の写真は、インターネットのフリー写真を探して載せてみました。
やはり自分の写真とは全然違いますね。
さすがです。
今後も機会があれば、遠慮なく利用しようと思います。
スポンサーサイト

Comment

我が家にも月桃があります。
苗を植えて二年になるのですが、まだ花にはお目にかかってません。
今回の大雪の影響が心配です!

2016.01.26(Tue) 21:55       ばし さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント