fc2ブログ

沖縄・八重山の三線教室ブログ

三線の独特の音色は誰の心も癒してくれます

大野城教室(中級クラス)

今日の大野城教室(中級クラス)。

福岡県に対する緊急事態宣言発出で、普段の稽古場所である大野城市
東コミュニティセンターが休館中のため、大野城教室(中級クラス)は
休止となるはずでしたが、うち3名が、今年、コンクールを受験する
ことから、鳥栖市若葉まちづくり推進センターで稽古を続けています。

3名は、福岡県(春日市・粕屋郡志免町・筑後市)にお住まいで、毎回、
車で約1時間かけて稽古に参加しています。
また、先月と今月は、コンクールに向けて稽古日を増やし、ほぼ毎週
稽古を行っています。

今回も、コンクールに向けた練習を2時間しっかりと。
稽古の前半は、全員でコンクール課題曲を1曲ずつ練習し、後半は、
課題曲(本調子・二揚各1曲)を受験番号順に独唱しました。
独唱は一人3回ずつ行いますので、かなりハードな稽古内容です。
3名は、自分の独唱をすべてスマートフォンで撮影し、自主練習や
次回の稽古に役立てています。
3名とも熱心で、本当によく頑張っています。

大野城教室(中級クラス)は、他の教室の中・上級クラスの皆さんと
比べると、コンクール課題曲の練習期間がそう長くなく、これまでの
行事等で独唱する機会もほとんどなかったため、稽古中であっても、
独唱となると、やはり相当緊張してしまうようです。
ですが、このひと月で、徐々に本来の力を出せるようになってきました。
皆、着実に上達しています。

本番ではしっかり独唱できるように、引き続き練習していきますので、
お互いに支えあいながら、3名ともがんばってくださいね。
大野城市での稽古再開後は、是非、お休み中のHさんに練習の成果を
見てもらいましょう。

大野城教室(中級クラス)の皆さん、お疲れさまでした。
来週も、コンクールに向けてしっかり練習していきましょう。

ゆうな1
スポンサーサイト



Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント